事業資金の融資は金利が低い方が有利

MENU

事業資金の融資は金利が低い方が有利

事業資金の融資を受ける際には、金利が低い方が有利です。そのため、銀行から借りることができれば一番良いでしょう。商工ローン等は事業資金を比較的容易に貸してくれますが、金利は高くなります。事業が安定していればそもそも銀行は貸してくれるはずです。しかし、そうではない事業者が商工ローンに手を出します。

 

そのため、立ちいかなくなることの方が多いでしょう。ただでさえ銀行も貸し倒れになる時代です。そのため、私は事業資金を借りることがないように極力健全な経営を心掛けています。また、必要な時は銀行から融資を受けるようにしています。長い付き合いであり、経営状態が良いことが影響して、これまで断られたことがありません。

 

ただし、それが将来的にも続くかどうかは不透明です。そのため、必要以上の設備投資や業務拡大は避けて、地道に地元を中心として事業を営んでいます。事業資金は金利がかかるため、借りすぎると絶対にパンクしてしまいます。金利が高いとなおさらそのリスクが上がっていきます。そのため、なるべく利用しないに越したことがないと思います。

 

借りても結局潰さなければならないとなると、迷惑をかける範囲を広げるだけなので、潔く会社をたたむべきなのかもしれません。